Monthly Archives: 5月 2013

kindle セール 放射能のことを学ぶなら、まずはここから 「暮らしを守る 放射能の基礎知識」

暮らしを守る 放射能の基礎知識

今週のkindleセール本より一冊ご紹介。
暮らしを守る放射能の基礎知識

危険と言われる放射能、でもわたしたちは放射能のことをどれだけ正確に理解しているでしょうか?

本書は、暮らしを守るために最低限知っておきたい放射能の基礎知識を
原発・エネルギー関連の取材・ライティングの編集を多数手がけた著者が、基礎知識から、子どもやからだへの影響まで、わかりやすく徹底解説しています!

セールは今日までですので、お早めに!

kindle 「こころのパワーの取り戻し方」 だんだん笑顔になってくる! あなたの人生をハッピーに変える5つのアドバイス

こころのパワーの取り戻し方

kindle こころのパワーの取り戻し方

「今ひとつ毎日が晴れ晴れしない」

「ウツウツしていて、楽しくパワフルに過ごせない」

……と、気がかりなことを引きずって、重たい気分で毎日を過ごしていませんか?

お肌のお手入れをするように、クヨクヨ・イライラ・モヤモヤにさらされたこころのお手入れも毎日してあげましょう。

kindle セール 大地震は必ず来る!?  

【kindle セール情報】

先日尾紹介した「聞く力・考える力」ともう一冊、「大地震は必ず来る!? 」が今週のkindleセールにUBからノミネートされています。セール価格は5/23(木)まで!

地震予知 大地震は必ず来る!?

東日本大震災をはじめ数々の大地震を事前に予測していた木村政昭琉球大学名誉教授が最新分析に基づき日本列島の「次なる危険地域」を警告!
10地域別に分け、日本列島各地の大地震がいつ起こるかを予測

そして富士山噴火の可能性は……

 

kindleセール 聞く力・考える力 ~各界のトップランナーが講師をつとめる自己表現の教室~

今週のkindle セール情報 今週UBからは 「聞く力・考える力 ~各界のトップランナーが講師をつとめる自己表現の教室~ 」がノミネートされています。

 

聞く力 久恒啓一

 

~各界のトップランナーが講師をつとめる自己表現の教室~

★コミュニケーション力を格段に高める人気講座!
★講師は興味深い自己表現法を持った、コミュニケーションの達人ばかり
★あなたの自己表現力を最高に高める10講座を「聞く力・考える力 ~各界のトップランナーが講師をつとめる自己表現の教室~」「伝える力 ~各界のトップランナーが講師をつとめる自己表現の教室~」の2つに分けてリリース!

5/23までですので。この機会に!

 

なぜ日本は儲からなくなったのか、真剣に考えてみたことはありますか?

稼げ日本人! 磨け仕事術!

kindle newリリース

なぜ、この国は儲からなくなったのか?

なぜ、この国は儲からなくなったのか?

●日本の豊かさは第19位。国内の格差には敏感なのに、世界の格差には無頓着。
●格差社会、中流階級から脱するためのヒントがここにある!

本書は、一言でいえば「国富と(読者の)仕事」について書かれた本です。
国富とは、単純化すると国民の稼ぎの総和であり、豊かさの源泉となるものです。

かつては世界でもっとも豊かと言われた日本も、今では世界19位(内閣府「OECD諸国の一人あたり国内総生産」)にまで落ちました。なぜでしょうか?
これまで、少々過激な口調で日本人ビジネスマンの仕事について書いてきた著者が、国富と個人のスキルアップとの関連について語ります。

どうすれば私たちの手でグローバルスタンダードを作ることができるのか、真に豊かで強い日本になるために何をすべきなのかを提示します!

【kindle】 ビジネス大学30分シリーズ 第2弾はリーダーシップ!

おかげさまで第1弾のファシリテーションが好評の 「ビジネス大学30分 シリーズ」

今注目のビジネススキルがセミナー形式で学べるこちらのシリーズ。第二弾のリーダーシップがリリースされました。

ビジネス大学30分 リーダーシップ TOP

 

1章~3章までは今の時代に合わせたリーダーシップ、4章では今注目のフォロワーシップについて豊富にケーススタディを用いて解説しています。

ファシリテーション同様、これからの時代に必須のスキルです。ぜひ!

世界遺産中の世界遺産を45ヶ所に厳選! 『一生に一度は“絶対”行きたい 世界遺産Top45』 kindle Newリリース

世界遺産

皆さん、ゴールデンウィークはいかがでしたでしょうか?

「今年のGWは世界遺産を見に行きたかったのに、仕事が忙しくて……」という方のために、(もちろん、それ以外のすべての方々にも) kindle 新作をご紹介させていただきます。

中国で有名作家の出版ラッシュ 大手出版社志向が顕著に

2013年、中国では有名作家の長編小説が「当たり年」のようです。

帯灯

 

賈平凹(かへいおう)が農村の社会問題を描く『帯灯』(人民文学出版社、1月刊)をはじめ、上海の女性人気作家・王安億(おうあんおく)の最新小説集『衆声喧嘩』(上海文芸出版社、1月刊)、韓少功(かんしょうこう)が50年代生まれの知識人の精神史を描く『日夜書』(上海文芸出版社、4月刊)など、ベテラン作家の力作が話題を呼んでいます。