ビジネス

15年間で8000店の書店が閉店という事実。日本著者販促センター調べ

日本著者販促センターの調査によると、2013年5月時点での国内の書店数は1万4241店。1999年には2万2296店だったから、この15年間で8000店以上も減ったことになる。

帝国データバンクの「出版業界 2012年度決算調査」では、2012年の売上高トップは紀伊國屋書店で約1081億円。次いでブックオフコーポレーションの586億円、ジュンク堂書店と有隣堂が513億円と並ぶ。

数字だけみると大きく見えるが、売上トップ10社のうち6社が前年比で売上減。うち3社は2年連続減収だ。数少ない増収の有隣堂もわずかプラス1.3%で、2011年度には前年比マイナス6.5%だった。

「立ち読み」や「偶然の出合い」でもネットに劣る

ある出版社では、10年も前から「これからの書店は、よほどの特色がないと難しいよね」「これから書店に就職する人は、どんな人なのだろう」と囁かれていたという。キャリコネに投稿された口コミにも、書店で働く人の不安の声が見られる。

「基本給はほとんどあがらない。ボーナスもあまり期待できない。業界全体が不況なので致し方ない部分もあるが、生活していくにはなかなか厳しい」(30代前半・男性) 

「斜陽業界なので今後どうなるか分からず、不安が大きい。ノルマ達成が難しいと感じる時もあった」(20代後半・男性)

リアル書店低迷の原因として「ネット書店の台頭」を指摘する声は多い。最大手のアマゾンは、2012年の日本国内の売上だけで7300億円超だ(米アマゾン本社の年間報告書より)。仮に4割が書籍・雑誌の売上だとしても2190億円にも上り、上位数社分を占める。

リアル書店のよさは、立ち読みができることや、本との偶然の出会いが期待できることだ。しかしいまでは書評ブログで本の魅力が語られ、目次構成は出版社のホームページでも公開されている。

オススメの類書もレコメンド(推薦)機能で自動的に表示されるので、在庫を抱えていない小さな書店よりネットの方がよほど出会いが多い。

ネット書店の方が利用者にとってメリットが多い限り、書店不況の原因は自らの改善努力不足によるものと言っていいだろう。

———————

ネタ元 「15年で8000店! 書店消失は「アマゾンのせい」なのか?

クリスマス商戦を勝ち抜きます。知っておきたいキャッチコピーの基本

すでに始まっているクリスマス商戦。商品をより多く売るためにキャッチコピーをつけたりしますが、心に響くキャッチコピーを作るのは難しいですよね。今日は知っておきたいキャッチコピーの基本を5つご紹介致します。(「バカバカ売れる! キャッチコピーの技45」より)

パンダ3顔721.まずは、「語る相手」を決めましょう(ターゲット)

  誰もが犯す間違いが、ここで「属性」をイメージすることです。属性=性別・年齢別・収入別・家族構成別・居住地域別……。属性をイメージした瞬間、コピーは失敗です。

  例えば、30代独身OL、丸ノ内に勤めていて、年収が600万円などという「個人」はどこにもいないからです。属性で考えるということは相手を塊で見るということ。でも、人は、生活者は、ひとりひとり全部違います。求めているものが全員違うんです。

  ターゲットというのは、「悩み」とか「問題」のことです。「こうしたい!」「こうなりたい」、その願いそのものが実は「ターゲット」なんです。「エステに通って痩せたいと思っている、30代後半のキャリアOL」ではなく、「エステに通うことで、お気に入りの洋服をもう1度着たい! そしてどんどん人前に出て、素敵な結婚相手を見つけたい。そう考えている女性!」と考えれば、ターゲットというのが属性ではなく、「悩み」だという意味がお分かりいただけると思います。

 

kindleセール 35歳までには“最低”知っておきたい 経済学ドリル

 今月のkindleセール本を一冊ご紹介。

35歳までには“最低”知っておきたい 経済学ドリル

★AppStore総合1位獲得実績&累計10万ダウンロード突破の人気シリーズ★
最新情報 必須経済知識をQ&Aのドリル形式でマスターしよう!
著者は年間講演回数約200回を誇り、小学3年生から90代まで、参加者数約2万人の人気セミナー講師でベストセラー作家の洞口勝人氏。

30代前半までには“最低”知っておきたい 、かつ、知って得する経済のポイントを、Q&A形式でまとめました!

電子出版EXPO(eBooks)、東京国際ブックフェアに行ってきたら、楽しかった

ビックサイトで開かれている「電子出版EXPO」「東京国際ブックフェア」に行ってきました。

格好いい建物

格好いい建物

朝から講演をいくつか聞いてきました。

「電子出版最前線2013、そして未来はどうなるのか!」

スピーカーは、アマゾンジャパン kindleコンテンツ事業部長の友だ雄介さん、PHP研究所 デジタル事業推進部の太田智一さん、セルフパブリッシャー(Gene Mapper発行人)の藤井太洋さんでした。

米国の紙と電子の出版の状況と比較しながら、話は進められていて、とても興味深く聞かせて頂いたのと、米国と日本は違うんだよなー、とか思いながら聞いていました。

藤井太洋さんは思ったより

kindle 「こころのパワーの取り戻し方」 だんだん笑顔になってくる! あなたの人生をハッピーに変える5つのアドバイス

こころのパワーの取り戻し方

kindle こころのパワーの取り戻し方

「今ひとつ毎日が晴れ晴れしない」

「ウツウツしていて、楽しくパワフルに過ごせない」

……と、気がかりなことを引きずって、重たい気分で毎日を過ごしていませんか?

お肌のお手入れをするように、クヨクヨ・イライラ・モヤモヤにさらされたこころのお手入れも毎日してあげましょう。

kindleセール 聞く力・考える力 ~各界のトップランナーが講師をつとめる自己表現の教室~

今週のkindle セール情報 今週UBからは 「聞く力・考える力 ~各界のトップランナーが講師をつとめる自己表現の教室~ 」がノミネートされています。

 

聞く力 久恒啓一

 

~各界のトップランナーが講師をつとめる自己表現の教室~

★コミュニケーション力を格段に高める人気講座!
★講師は興味深い自己表現法を持った、コミュニケーションの達人ばかり
★あなたの自己表現力を最高に高める10講座を「聞く力・考える力 ~各界のトップランナーが講師をつとめる自己表現の教室~」「伝える力 ~各界のトップランナーが講師をつとめる自己表現の教室~」の2つに分けてリリース!

5/23までですので。この機会に!

 

なぜ日本は儲からなくなったのか、真剣に考えてみたことはありますか?

稼げ日本人! 磨け仕事術!

kindle newリリース

なぜ、この国は儲からなくなったのか?

なぜ、この国は儲からなくなったのか?

●日本の豊かさは第19位。国内の格差には敏感なのに、世界の格差には無頓着。
●格差社会、中流階級から脱するためのヒントがここにある!

本書は、一言でいえば「国富と(読者の)仕事」について書かれた本です。
国富とは、単純化すると国民の稼ぎの総和であり、豊かさの源泉となるものです。

かつては世界でもっとも豊かと言われた日本も、今では世界19位(内閣府「OECD諸国の一人あたり国内総生産」)にまで落ちました。なぜでしょうか?
これまで、少々過激な口調で日本人ビジネスマンの仕事について書いてきた著者が、国富と個人のスキルアップとの関連について語ります。

どうすれば私たちの手でグローバルスタンダードを作ることができるのか、真に豊かで強い日本になるために何をすべきなのかを提示します!

【kindle】 ビジネス大学30分シリーズ 第2弾はリーダーシップ!

おかげさまで第1弾のファシリテーションが好評の 「ビジネス大学30分 シリーズ」

今注目のビジネススキルがセミナー形式で学べるこちらのシリーズ。第二弾のリーダーシップがリリースされました。

ビジネス大学30分 リーダーシップ TOP

 

1章~3章までは今の時代に合わせたリーダーシップ、4章では今注目のフォロワーシップについて豊富にケーススタディを用いて解説しています。

ファシリテーション同様、これからの時代に必須のスキルです。ぜひ!

中国で有名作家の出版ラッシュ 大手出版社志向が顕著に

2013年、中国では有名作家の長編小説が「当たり年」のようです。

帯灯

 

賈平凹(かへいおう)が農村の社会問題を描く『帯灯』(人民文学出版社、1月刊)をはじめ、上海の女性人気作家・王安億(おうあんおく)の最新小説集『衆声喧嘩』(上海文芸出版社、1月刊)、韓少功(かんしょうこう)が50年代生まれの知識人の精神史を描く『日夜書』(上海文芸出版社、4月刊)など、ベテラン作家の力作が話題を呼んでいます。

宝塚初の台湾公演 中華版ルパン「怪盗楚留香」とは?

宝塚歌劇団初めての台湾公演が、4/6〜14の9日間、台北国家戯劇院にて行われます。

今回の台湾公演は、宝塚歌劇団100周年の前年となる99周年記念として行われるもので、第一幕は伝統の日本物ショー「宝塚ジャポニズム〜序破急〜」、第二幕は台湾で広く知られている「怪盗楚留香」を主人公としたミュージカル「怪盗楚留香外伝—花盗人—」、第三幕は絢爛豪華なレヴュー「Étoile de TAKARAZUKA」が披露されるとのこと。

ところで、今回の目玉となる第二幕の主人公「怪盗楚留香」とは、どんな人物なのでしょうか?