サービス

amazonで動画配信がついに始まったー!映像にも参入が決定

Kindle Fire HDXアマゾンジャパン(東京・目黒)は26日、有料の映像配信を始めた。映画やテレビドラマ、アニメなど2万6千本以上の作品をそろえた。同社のタブレット(多機能携帯端末)やパソコンで視聴できる。料金はレンタルで1本100円、作品を取り込める買い切りで同1千円から。

 日本では米グーグルの日本法人(東京・港)が10月末から国内外のテレビ番組の有料配信を開始。米アップルの日本法人(同)も自社サイトで映像のほか電子書籍や音楽、ゲームも配信済みで、コンテンツ配信を巡って米大手ネットサービス3社の視聴者の囲い込みが激しくなっている。

 サービス名は「アマゾン・インスタント・ビデオ」。東宝や松竹、ワーナー・ブラザーズ、20世紀フォックスなどの国内外の映画会社、国内テレビ局では民放キー局とNHKの作品を配信する。「HD」と呼ぶ高精細な作品が1万本を占める。

 レンタルは借りてから30日以内に視聴を始める必要があり、視聴できる期間は最長で2日。グーグルの映像配信はレンタルのみ。料金は100~300円で、視聴期間は最長3日。

 アマゾンは昨秋から電子書籍や音楽、ゲームを配信していた。

元ネタ 日本経済新聞

斬新すぎる ヴァージンアメリカ航空の機内安全説明ビデオがノリノリ

今朝とくダネ!で紹介されていた「ヴァージンアメリカ航空」の機内安全説明ビデオがノリノリすぎて、Youtubeでつい検索してしまった。

機内安全の説明ビデオはどの会社もだいたい同じだし、つまらないから、大切なことなのにスルーしてしまいがち。

でもこんなビデオだったらつい見てしまう。

ヴァージンアメリカ航空の機内安全説明ビデオ

 

サウスウェスト航空はラップで機内アナウンス。楽しすぎる。

サウスウェスト航空の機内アナウンス

莫言の次に注目したい中国の小説家は? 社会派作家・閻連科

突然ですが、(ほぼ)毎週木曜日は、中国や台湾で話題の書籍や、出版界の情報をお届けします!

昨年10月、莫言氏がノーベル文学賞を受賞したのは記憶に新しいところですが、次にぜひ注目しておきたい中国の作家が、閻連科(えん・れんか)氏です。2013年のブッカー賞(イギリスで最も権威のある文学賞で、毎年1回発表)の国際賞にノミネートされており、5月22日の発表に期待が集まっています。